コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勅諡 チョクシ

デジタル大辞泉の解説

ちょく‐し【勅×諡】

勅命によって(おくりな)を与えること。また、その諡。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の勅諡の言及

【国師】より

…インド,西域においてこの称号が行われていたことは《出三蔵記集》などに見えるが,中国では北斉の法常がうけたのを最初とし,朝鮮や日本でも行われた。生存中に与えられるのを特賜(です),死後におくられるのを勅諡(ちよくし)という。日本では,1311年(応長1)円爾弁円が〈聖一国師〉,20年(元応2)約翁徳倹が〈仏灯大光国師〉の号をうけたのがそれぞれ勅諡・特賜の先例である。…

※「勅諡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

勅諡の関連キーワード南浦紹明(なんぽじょうみょう)円覚寺(神奈川県)東照大権現心地覚心関山慧玄抜隊得勝石頭希遷清拙正澄寂室元光規庵祖円無住一円鏡堂覚円高峰顕日授翁宗弼絶海中津慈慧大師天祐紹杲盤珪永琢蘭渓道隆円光大師

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android