勅命(読み)ちょくめい

精選版 日本国語大辞典 「勅命」の意味・読み・例文・類語

ちょく‐めい【勅命】

〘名〙
天子命令天皇のおおせ。みことのり。勅定
三代実録‐貞観一九年(877)閏二月一五日「宜其封物等、莫敢納用者。勅命如斯。仍請返」 〔書経伝‐舜典〕
② 旧憲法下で、法律勅令形式によらないで、天皇みずからが国家機関に対して下した命令。
大日本帝国憲法(明治二二年)(1889)四二条「帝国議会は三箇月を以て会期とす必要ある場合に於ては勅命を以て之を延長することあるべし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「勅命」の意味・読み・例文・類語

ちょく‐めい【勅命】

天皇の命令。勅諚ちょくじょう。みことのり。
明治憲法下で、法律・勅令の形式によらず、天皇が国家機関に直接下した命令。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「勅命」の読み・字形・画数・意味

【勅命】ちよくめい

王命

字通「勅」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

柿落し

劇場用語。新築劇場の開場興行をいう。昔の劇場は,屋根を柿(こけら)でふき,完成のとき不用の板くずをはき落としたので,この語が生まれたという。...

柿落しの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android