国師号(読み)コクシゴウ

精選版 日本国語大辞典の解説

こくし‐ごう ‥ガウ【国師号】

〘名〙 朝廷から禅宗・律宗・浄土宗の高僧に贈られた称号。仏教の師として尊敬すべき有徳の僧に贈られ、生前に賜わる特賜(です)と死後の勅謚(ちょくし)とがある。国師。
※相国寺供養記(1392)「昨日被国師号。金襴袈裟」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の国師号の言及

【諡】より

…1333年(元弘3)6月,贈太政大臣で,すでに出家していた藤原師賢は,文貞公という諡を賜ったが,これはまったく異例に属している。 僧侶の場合の諡には,法名風諡,大師号,国師号などがあった。法名風のものとしては,867年(貞観9)に壱演に慈済と謚したのに始まるが,その数は歴史を通じて数名に過ぎなかった。…

※「国師号」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android