コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

動態撮影 どうたいさつえいkymography

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

動態撮影
どうたいさつえい
kymography

キモグラフィーのこと。臓器の運動状態を時間的経過に従ってX線フィルム上に撮影する方法をいう。スリットが多数ある鉛板を通してX線を照射するが,一定時間ごとにスリットをずらして照射すれば,各瞬間の臓器の位置が撮影され,全体として辺縁の動きが観察される。心臓血管系の診断に用いられるが,臓器の動きは三次元的なものなので,平面上に記録した像では不十分である。この欠点を補うものとして,エレクトロキモグラフィーがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

動態撮影の関連キーワード早崎治

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android