コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

務める ツトメル

デジタル大辞泉の解説

つと・める【務める】

[動マ下一][文]つと・む[マ下二]《「努める」と同語源》ある役割や任務を引き受けて、その仕事をする。「代理人を―・める」「主役を―・める」「相棒を―・める」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

つとめる【務める】

( 動下一 ) [文] マ下二 つと・む
〔「勤める」と同源〕
役目にあたる。また、芝居などの役を演じる。 「案内役を-・める」 「弁慶の役を-・める」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

務めるの関連キーワードサポート・バンド[support band]下臈の蔵人・下﨟の蔵人・下臘の蔵人ウイリアム・V.S. タブマンリチャード・B. ラッセルニーラム・サンジバ レディブロッホ, ヴァルデマールシュミット, ヤーコプ吉田のうどんぶりちゃんシュルホフ, オットーモンテディオ山形勝ピーロイ ウイルキンスフロアディレクターグラッドストーン服部栄養専門学校スタントマンレフェリングパーマストンこーにゃん読者モデル花笠マハエ

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

務めるの関連情報