コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

務める ツトメル

デジタル大辞泉の解説

つと・める【務める】

[動マ下一][文]つと・む[マ下二]《「努める」と同語源》ある役割や任務を引き受けて、その仕事をする。「代理人を―・める」「主役を―・める」「相棒を―・める」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

つとめる【務める】

( 動下一 ) [文] マ下二 つと・む
〔「勤める」と同源〕
役目にあたる。また、芝居などの役を演じる。 「案内役を-・める」 「弁慶の役を-・める」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

務めるの関連キーワードサポート・バンド[support band]ウイリアム・V.S. タブマンジェイムズ・C. ローズベルトウォーレン・G. マグナソンムハメッド ザフルラ・ハーンリチャード・B. ラッセルニーラム・サンジバ レディブロッホ, ヴァルデマールカール・J. グルーバージョン・S. ヘリントンシュミット, ヤーコプ吉田のうどんぶりちゃんルイス・ド ギランゴーウイリー ドクレルクラファエル パーシオクロード シェイソンK. チャルフォントO. チェルニークチャン・ヴァン・ドC.R. ダニヤン

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

務めるの関連情報