コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勝村建設 かつむらけんせつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

勝村建設
かつむらけんせつ

建設会社。 1918年創業の勝村組を前身として,47年設立。 48年現社名に変更。農業用小型ダム,プール公共住宅など公共工事部門で実績をもつ。 64年以降は不動産事業も展開している。 94年,山間部道路における地滑り対策として斜面支持 GRASP工法が特許を取得したほか,低コスト土木用型枠工法の実用化を目指している。売上構成比は,建築 55%,土木 44%,不動産1%。年間売上高 618億 5200万円,資本金 30億 3700万円,従業員数 633名 (1999) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

勝村建設の関連キーワード牧野省三ドイツ革命ハート(William S. Hart)第1次世界大戦アゼルバイジャン共和国米騒動デミル(Cecil Blount De Mille)フォード(John Ford(1895―1973))芥川龍之介アポリネール