コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勝軍地蔵 ショウグンジゾウ

デジタル大辞泉の解説

しょうぐん‐じぞう〔‐ヂザウ〕【勝軍地蔵】

地蔵菩薩の一。これに念ずれば、戦いに勝ち、宿業飢饉(ききん)などを免れるといわれ、鎌倉時代以降に武家に信仰された。甲冑(かっちゅう)を身につけ、武器を持った姿で表す。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうぐんじぞう【勝軍地蔵】

これに祈れば戦に勝つという地蔵。鎌倉時代以後、武家の間で信仰された。地蔵菩薩が身に甲冑かつちゆうを着け、右手に錫杖しやくじようを持ち、左の掌てのひらに如意宝珠を載せ、軍馬にまたがった姿をしたもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

勝軍地蔵の関連キーワード鹿児島県垂水市高城愛宕信仰如意宝珠地蔵菩薩朱印状地蔵寺錫杖印章軍馬

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android