勝軍地蔵(読み)ショウグンジゾウ

デジタル大辞泉の解説

しょうぐん‐じぞう〔‐ヂザウ〕【勝軍地蔵】

地蔵菩薩の一。これに念ずれば、戦いに勝ち、宿業飢饉(ききん)などを免れるといわれ、鎌倉時代以降に武家に信仰された。甲冑(かっちゅう)を身につけ、武器を持った姿で表す。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうぐんじぞう【勝軍地蔵】

これに祈れば戦に勝つという地蔵。鎌倉時代以後、武家の間で信仰された。地蔵菩薩が身に甲冑かつちゆうを着け、右手に錫杖しやくじようを持ち、左の掌てのひらに如意宝珠を載せ、軍馬にまたがった姿をしたもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しょうぐん‐じぞう ‥ヂザウ【勝軍地蔵】

[一] 仏語。一説に、坂上田村麻呂が東征のとき、戦勝を祈って作ったことからおこったという地蔵菩薩。鎧、兜をつけ、右手に錫杖を、左手に如意宝珠をもち、軍馬にまたがっている。これを拝むと、戦いに勝ち、宿業・飢饉などをまぬがれるという。
元亨釈書(1322)九「鎮曰、我法中有勝軍地蔵、勝敵毗舎門
仮名草子・東海道名所記(1659‐61頃)一「愛宕山あり、これは勝軍地蔵(セウグンヂゾウ)と申て、武家こと更に崇め奉る」
[二] 京都市左京区北白川の瓜生山にある地蔵菩薩。坂上田村麻呂が蝦夷征討のときに戦勝を祈願したと伝えられる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android