勝野森之介(読み)かつの もりのすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

勝野森之介 かつの-もりのすけ

?-? 幕末の尊攘(そんじょう)運動家。
勝野正道(まさみち)の長男。父とともに水戸藩士らの尊攘運動にくわわる。安政の大獄(1858)で捕らえられ,弟保三郎とともに三宅島に流された。名は正倫。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android