大獄(読み)タイゴク

大辞林 第三版の解説

たいごく【大獄】

大きな犯罪事件で多くの者が捕らえられること。 「安政の-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

たい‐ごく【大獄】

〘名〙 (「だいごく」とも)
① 重大な犯罪事件がおこり、多人数の者が逮捕されること。「安政の大獄
※妾の半生涯(1904)〈福田英子〉六「されど猶ほ近来未曾有の大(タイゴク)にて、一度に総数を入るる法廷なければ」 〔後漢書‐章帝記〕
② 重罪に処すること。
※蔭凉軒日録‐寛正三年(1462)四月二三日「以南禅寺林侍者大獄之事、伊勢守命治部河内也。依所司代怠堕重如此被仰付也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大獄の関連情報