コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

包括医療制度 ほうかついりょうせいど

知恵蔵の解説

包括医療制度

厚生労働省が導入を検討している医療費の定額払い制度。米国の急性期入院定額払い方式(DRG/PPS)の日本版で、1998年からの国立病院、2003年からの大学など特定機能病院試行が始まった。病名や重症度で最大支払額を決めておき、病院がその額以上の出費をしても保険から支払わない。病院の経営感覚が進み、医療費全体の節約効果が大きい、といわれる。日本の試行は急性病の入院治療に限られ、手術などは枠外とし、大幅な収入減がないよう病院ごとの調整をした。将来的には導入の可能性が高いが、病名分類や運用ではまだまだ問題が多い。

(田辺功 朝日新聞記者 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

包括医療制度の関連キーワード厚生労働省

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android