包越者(読み)ほうえつしゃ(英語表記)das Umgreifende

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「包越者」の解説

包越者
ほうえつしゃ
das Umgreifende

包括者」とも訳されるヤスパース哲学の核心をなす最も独自の実存概念の一つ。存在そのものを哲学的に思索するとき,われわれは,対象的に認識されうるすべてのが,なにかもっと広いものによって包まれていることを経験する。このように包む者,すなわち包越者は対象でもなく地平でもなく,あらゆる対象と地平とがそれにって越え出てゆけと命じる者であり,対象や地平のなかに自己を告知するにすぎない者である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

受託収賄罪

公務員が,職務に関する請託を受け,これを了承したうえで賄賂を受取ったり,要求,約束したりした場合に成立する犯罪。請託のない場合は単純収賄となり,法定刑が5年以下の懲役であるのに対し,請託のあったことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android