コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北大和堆 きたやまとたい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北大和堆
きたやまとたい

日本海中央部,北緯 40°,東経 134°を中心に展開する。 1930年に『春風丸』が発見。 31年測量艦『大和』により改測されたことから命名された。長さ 200km,幅 80km,最浅地点は水深 397m。南東約 100kmにある大和堆と平行して北東から南西方向に延び,漁礁として知られる。水深約 500mに薄い砂礫層を載せた平坦面をもち,花崗岩安山岩から成る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔県域外〕北大和堆(きたやまとたい)


日本海中央部、大和海嶺(かいれい)の北西部を占める浅堆。南西から北東方向に長さ約240km、幅約80km。最浅部は水深397m。1930年(昭和5)に発見され、翌年、測量艦大和が改めて測量した。平均水深400~500mの平坦(へいたん)な台地状で、南東の大和堆との間に幅約30~50km、水深2000mを超す地溝が走る。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

北大和堆の関連キーワード北見大和堆翌年浅堆

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

北大和堆の関連情報