コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北大和堆 きたやまとたい

2件 の用語解説(北大和堆の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北大和堆
きたやまとたい

日本海中央部,北緯 40°,東経 134°を中心に展開する堆。 1930年に『春風丸』が発見。 31年測量艦『大和』により改測されたことから命名された。長さ 200km,幅 80km,最浅地点は水深 397m。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔県域外〕北大和堆(きたやまとたい)


日本海中央部、大和海嶺(かいれい)の北西部を占める浅堆。南西から北東方向に長さ約240km、幅約80km。最浅部は水深397m。1930年(昭和5)に発見され、翌年、測量艦大和が改めて測量した。平均水深400~500mの平坦(へいたん)な台地状で、南東の大和堆との間に幅約30~50km、水深2000mを超す地溝が走る。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

北大和堆の関連キーワード中央海嶺大和堆大和海嶺中央海嶺花崗岩海嶺玄武岩海嶺性ソレアイト正常中央海嶺玄武岩プリューム中央海嶺玄武岩佐渡海嶺日本海盆

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone