コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北島醇酔 きたじま じゅんすい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北島醇酔 きたじま-じゅんすい

1914-1988 昭和時代の川柳作家。
大正3年3月20日生まれ。佐賀番傘川柳会長,「佐賀新聞」柳壇選者。古沢蘇雨子とともに県下の川柳界を指導した。北島酒造場主。県文化団体協議会長。昭和63年7月17日死去。74歳。佐賀県出身。東京帝大卒。本名は常一。句集に「酒倉」「〆縄」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

北島醇酔の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android