北島醇酔(読み)きたじま じゅんすい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北島醇酔 きたじま-じゅんすい

1914-1988 昭和時代の川柳作家。
大正3年3月20日生まれ。佐賀番傘川柳会長,「佐賀新聞」柳壇選者。古沢蘇雨子とともに県下の川柳界を指導した。北島酒造場主。県文化団体協議会長。昭和63年7月17日死去。74歳。佐賀県出身。東京帝大卒。本名は常一。句集に「酒倉」「〆縄」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android