北時雨(読み)キタシグレ

精選版 日本国語大辞典の解説

きた‐しぐれ【北時雨】

〘名〙 風を伴って、北の山の方から降ってくる、晩秋、初冬の頃の冷たいにわか雨。
※堯孝集(1455頃)秋「窓あけてむかふ嵐の北時雨はれゆく見れば雪の山のは」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android