コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北欧中立主義 ほくおうちゅうりつしゅぎScandinavian Neutralism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北欧中立主義
ほくおうちゅうりつしゅぎ
Scandinavian Neutralism

近代以降の北欧諸国にみられる中立志向。スカンジナビア主義としばしば結びついてきた。北欧諸国の中立志向は,すでにナポレオン戦争の際のデンマークスウェーデンの中立宣言にみられるが,19世紀から 20世紀にかけて伝統が次第に形成され,第1次世界大戦の際にはデンマーク,ノルウェー,スウェーデンがいずれも中立の立場を貫くことに成功した。これら3国と新興独立国フィンランドは国際連盟に加入したものの,1930年代に発生した侵略に対して連盟が無力であったことからいずれも中立志向に復帰し,第2次世界大戦においては中立を宣言した。しかし,スウェーデンを除く各国は侵略や占領の対象となって戦争に巻込まれた。デンマーク,ノルウェー,スウェーデンは,戦後の 1948年に中立同盟を企てたが成功せず,安全保障政策をめぐって分裂したが,北欧均衡の現象に北欧中立主義の伝統はなお根強く生残っている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android