コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北欧均衡 ほくおうきんこうNordic Balance

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北欧均衡
ほくおうきんこう
Nordic Balance

第2次世界大戦後の東西冷戦時代に,北欧をめぐる国際関係に存在した均衡的安定の状態。戦後北欧諸国は,デンマークノルウェー北大西洋条約機構 NATOに加盟,フィンランドがソ連と友好・協力・不可侵条約 (→フィン=ソ友好条約 ) を締結,スウェーデンのみが伝統の中立政策を継続,というように安全保障政策をめぐって分裂した。しかし,デンマーク,ノルウェーは平時には国内に外国軍および核兵器をおかないという原則を守り,フィンランドは対ソ友好を通じて中立主義を堅持するという実情から,また米ソないし東西両陣営が北欧地域の現状変更を望まなかったという条件もあり,北欧地域は東西対立から隔離された緊張緩和地帯としての地位を保持していた。さらに,もし東西陣営の一方がこの状態を破って自己の勢力をこの地域に伸長させようとすれば,必ず他方がこれに対応した伸長を企てる恐れがあることから,一種の均衡状態が存在した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

北欧均衡の関連キーワード北欧中立主義

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android