コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北湯沢[温泉] きたゆざわ

1件 の用語解説(北湯沢[温泉]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

北湯沢[温泉]【きたゆざわ】

北海道伊達市,長流(おさる)川上流にわく国民保養温泉。単純泉。70〜95℃。支笏洞爺(しこつとうや)国立公園に属し,スキー,登山の基地となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内の北湯沢[温泉]の言及

【大滝[村]】より

…農業は振るわず早くから過疎化が進み,71年の徳舜瞥鉱山の閉山はこれに拍車をかけた。南部の長流川河畔にある北湯沢温泉(硫化水素泉,70~95℃)は支笏洞爺国立公園に含まれ,閑雅な保養地で,リハビリセンターなどの諸施設もある。【岡本 次郎】。…

※「北湯沢[温泉]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

北湯沢[温泉]の関連キーワード上川伊達市定山渓長流庭草北海道庁瀬戸合峡ネオサルバルサン地域再生実践塾田村顕允

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone