コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北白川房子 きたしらかわ ふさこ

美術人名辞典の解説

北白川房子

明治天皇の第7皇女。母は昭憲皇太后北白川宮成久と結婚する。成久留学中のパリへ外遊するが、自動車事故のため成久王と死別、自身も負傷した。長男の永久王も事故のため逝去する。戦後、伊勢神宮祭主となり、皇籍を離れ、神社本庁総裁、伊勢神宮奉賛会総裁となった。昭和49年(1974)歿、84才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北白川房子 きたしらかわ-ふさこ

1890-1974 明治天皇の第7皇女。
明治23年1月28日生まれ。母は典侍園祥子(さちこ)。明治42年北白川宮成久(なるひさ)王と結婚,1男3女をもうける。大正12年パリで自動車事故にあい,夫は死亡し自身も負傷。昭和15年長男永久(ながひさ)王が事故死。22年神宮祭主となり,同年皇籍をはなれた。のち神社本庁総裁,伊勢神宮奉賛会総裁。昭和49年8月11日死去。84歳。幼称は周宮(かねのみや)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

北白川房子の関連キーワード竹田宮妃昌子竹村茂正明治天皇

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android