コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北見星月 きたみ せいげつ

1件 の用語解説(北見星月の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北見星月 きたみ-せいげつ

?-? 江戸時代後期の和算家。
佐渡(新潟県)の人。下野(しもつけ)宇都宮で空一流をおさめ,江戸にでて市瀬惟長に最上(さいじょう)流をまなぶ。文政2年(1819)「北見算集」をあらわす。のち帰郷して阿都摩(あずま)勇と称し,医業をいとなみ,金山の役人もつとめた。韻学,悉曇(しったん)学にも通じ,「あしかなへ」「悉曇正解」などの著作がある。名は衛。通称は都矩。別号に霽月,桂廼舎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

北見星月の関連キーワード日下誠和算家岩田広成児島円後藤美之柴野美啓志村昌義幡谷信勝平野喜房山田正重