最上(読み)もがみ

精選版 日本国語大辞典「最上」の解説

もがみ【最上】

[1] 〘名〙 山形県上地方で産する米。最上米。
※雑俳・川柳評万句合‐明和三(1766)宮三「つきや同士ちょいとつかんで最上だの」
[2] 出羽国(山形県)の郡名。古くは最上川流域の山形盆地・新庄盆地一帯を占めていた。仁和二年(八八六)北半部を村山郡として分離。文祿年中(一五九二‐九六)両郡の位置が入れ替わり、北部が最上郡、南部が村山郡となった。昭和二四年(一九四九)郡域のほぼ中央に新庄市成立

さい‐じょう ‥ジャウ【最上】

〘名〙 (形動) この上ないこと。最も程度や価値などがたかいこと。また、そのさま。〔大日経開題(824)〕
※源平盛衰記(14C前)一八「夢、最上(サイジャウ)の吉夢也」 〔新唐書‐劉蕡伝〕

もがみ【最上】

姓氏の一つ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「最上」の解説

さい‐じょう〔‐ジヤウ〕【最上】

重なっているもののいちばん上。「マンションの最上階」
いちばんすぐれていること。この上ないこと。「最上の品質」「最上の喜び」
[類語]高級一流高等高度高次高段上級上等上質最高級極上特上特等特級ハイレベルハイブローハイクラスハイスペックハイクオリティーハイグレードトップクラスハイエンドハイソハイソサエティーエグゼクティブ一番一等一級無上至上至高最高最良最善随一ぴか一白眉はくびベストナンバーワントップ最も

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

野選

《「野手選択」の略》野球で、打球を捕った野手が一塁で打者をアウトにできるのに、先行走者をアウトにしようと他の塁へ送球し、間に合わずに全走者を生かすこと。フィールダースチョイス。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android