下野(読み)シモツケ

デジタル大辞泉「下野」の解説

しもつけ【下野】

《「しもつけの(下毛野)」の略》

旧国名の一。大半が現在の栃木県。ごく一部が群馬県桐生市にあたる。野州やしゅう
栃木県中南部にある市。石橋・小金井は江戸時代は日光街道宿場町として栄えた。平成18年(2006)1月、南河内町・石橋町・国分寺町が合併して成立。人口5.9万(2010)。
バラ科の落葉低木。山野に自生。高さ約1メートル。葉は長楕円形。夏、淡紅色の小花が群がり咲く。名は、下野の国で発見されたことにちなむ。繍線菊。木下野きしもつけ 夏》「―を地に並べけり植木売青々

げ‐や【下野】

[名](スル)官職を辞めて民間に下ること。与党が政権を失い野党となること。「西郷隆盛は政争に敗れて下野した」「選挙で過半数を失い下野する」
[類語]引退退陣退職退任退役退官辞職辞任勇退リタイア離れるに下る

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「下野」の解説

しもつけ【下野】

〘名〙 バラ科の落葉低木。各地の山地に生え、観賞用に庭などに植えられる。高さ約一メートル。葉は互生し、短柄があり、葉形に変異が多いが、ふつう長さ五~八センチメートルの広卵形で両端はとがり縁に鋸歯(きょし)があり、裏面は粉白色。初夏、枝先に径七センチメートル内外のほぼ平たい花序を出して、径約五ミリメートルの淡紅色の五弁花を多数つける。漢名、繍線菊。きしもつけ。《季・夏》
※枕(10C終)六七「しもつけの花。の花」

しもつけ【下野】

東山道八か国の一つ。四世紀の頃に毛野(けの)国が二分されて下毛野(しもつけの)国が成立。大化改新のときに下野国と表記が改められた。平安後期に藤原秀郷(ひでさと)が土着し、子孫小山氏を称した。中世、小山氏とともに宇都宮那須両氏勢力をふるい、江戸時代には小藩分立。明治四年(一八七一)の廃藩置県後に栃木、宇都宮の二県が置かれ、同九年統合されて現在の栃木県となる。野州(やしゅう)

げ‐や【下野】

〘名〙 官職を辞して、民間に下ること。また、与党から野党になること。〔いろは引現代語大辞典(1931)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版「下野」の解説

下野 (シモツケ)

学名Spiraea japonica
植物。バラ科の落葉低木,園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

普及版 字通「下野」の解説

【下野】げや

官職を退く。

字通「下」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android