下野(読み)ゲヤ

デジタル大辞泉の解説

げ‐や【下野】

[名](スル)官職を辞めて民間に下ること。与党が政権を失い野党となること。「西郷隆盛は政争に敗れて下野した」「選挙で過半数を失い下野する」

しもつけ【下野】

《「しもつけの(下毛野)」の略》

旧国名の一。現在の栃木県野州(やしゅう)。
栃木県中南部にある市。石橋・小金井は江戸時代は日光街道の宿場町として栄えた。平成18年(2006)1月、南河内町・石橋町・国分寺町が合併して成立。人口5.9万(2010)。
バラ科の落葉低木。山野に自生。高さ約1メートル。葉は長楕円形。夏、淡紅色の小花が群がり咲く。名は、下野の国で発見されたことにちなむ。繍線菊。木下野(きしもつけ)。 夏》「―を地に並べけり植木売/青々

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

げや【下野】

( 名 ) スル
官職を辞して民間に下ること。 「総選挙に敗れて-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

下野 (シモツケ)

学名:Spiraea japonica
植物。バラ科の落葉低木,園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

下野の関連情報