宇都宮(読み)ウツノミヤ

デジタル大辞泉の解説

うつのみや【宇都宮】[地名]

栃木県中央部の市。県庁所在地二荒山(ふたあらやま)神社鳥居前町から発展。もと戸田氏の城下町。農業のほか電気・機械などの工業が行われ、北西部から大谷(おおや)石を産出。平成19年(2007)3月、上河内町・河内町を編入。人口51.1万(2010)。

うつのみや【宇都宮】[姓氏]

姓氏の一。
[補説]「宇都宮」姓の人物
宇都宮三郎(うつのみやさぶろう)
宇都宮遯庵(うつのみやとんあん)
宇都宮頼綱(うつのみやよりつな)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うつのみや【宇都宮】

栃木県中部の市。県庁所在地。もと二荒山神社の門前町。近世は奥州・日光街道の分岐点にあたり、宿場町また宇都宮藩の城下町として発展した。大谷石を産する。

うつのみや【宇都宮】

姓氏の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

事実婚

内縁と同様,法律上の婚姻成立要件を欠くカップルの関係。内縁との違いは,当該男女が,現行の婚姻制度に対しなんらかの疑問をもち,積極的・自発的に法律婚を選択しないという点にある。たとえば,今日の法律婚は女...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宇都宮の関連情報