宇都宮(読み)ウツノミヤ

  • (通称)
  • 地名
  • 姓氏

デジタル大辞泉の解説

栃木県中央部の市。県庁所在地二荒山(ふたあらやま)神社鳥居前町から発展。もと戸田氏城下町農業のほか電気・機械などの工業が行われ、北西部から大谷(おおや)石産出。平成19年(2007)3月、上河内町・河内町を編入。人口51.1万(2010)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

栃木県中央部、鬼怒川西岸の地名。県庁所在地。下野の一の宮である二荒山(ふたらさん)神社(別号宇都宮)の門前町に起源する。本多氏・戸田氏の旧城下町。奥州街道から日光街道が分岐する旧宿場町。明治二九年(一八九六)市制。
姓氏の一つ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宇都宮の関連情報