十四ヵ条平和原則(読み)じゅうしかじょうへいわげんそく

百科事典マイペディア「十四ヵ条平和原則」の解説

十四ヵ条平和原則【じゅうしかじょうへいわげんそく】

1918年米国大統領ウィルソンが発表した第1次大戦終結のための和平原則。秘密外交廃止,海洋の自由,経済障壁撤去,軍縮民族自決,無併合無賠償,国際平和組織創設などがうたわれていた。大戦終結とベルサイユ条約に大きな影響を与えた。
→関連項目第1次世界大戦パリ平和会議

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android