コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十字架の修道院 ジュウジカノシュウドウイン

デジタル大辞泉の解説

じゅうじか‐の‐しゅうどういん〔ジフジカ‐シウダウヰン〕【十字架の修道院】

Monastery of the Crossパレスチナ地方の古都エルサレムにある修道院。新市街側の十字架の谷に位置し、国会議事堂およびイスラエル博物館に近い。この場所にあったオリーブの木がイエス=キリストの磔刑(たっけい)の十字架に使われたという伝説がある。4世紀に創設された修道院に起源し、11世紀に高い城壁が築かれて城塞のような外観になった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

十字架の修道院の関連キーワードジュバリ教会

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android