十字架の修道院(読み)ジュウジカノシュウドウイン

デジタル大辞泉の解説

じゅうじか‐の‐しゅうどういん〔ジフジカ‐シウダウヰン〕【十字架の修道院】

Monastery of the Crossパレスチナ地方の古都エルサレムにある修道院。新市街側の十字架の谷に位置し、国会議事堂およびイスラエル博物館に近い。この場所にあったオリーブの木がイエス=キリストの磔刑(たっけい)の十字架に使われたという伝説がある。4世紀に創設された修道院に起源し、11世紀に高い城壁が築かれて城塞のような外観になった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android