コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十字靭帯損傷 じゅうじじんたいそんしょうcruciate ligament injury

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

十字靭帯損傷
じゅうじじんたいそんしょう
cruciate ligament injury

十字靭帯には前十字靭帯と後十字靭帯があって,膝の前後の安定性を保持している。この十字靭帯が,膝関節脱臼とか高度の捻挫の際に損傷して断裂などを起すことをいう。スポーツ損傷や交通事故によるものが急増している。前十字靭帯損傷では,下腿が前方に引出される「引出し症状」がみられ,後十字靭帯損傷では,膝屈曲位で下腿が後方に押込まれる「押込み症状 (落込み症状ともいう) 」がみられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

十字靭帯損傷の関連キーワードフィリッポ インザーギ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

十字靭帯損傷の関連情報