コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十州同盟 じゅっしゅうどうめい

1件 の用語解説(十州同盟の意味・用語解説を検索)

防府市歴史用語集の解説

十州同盟

 瀬戸内海沿岸の塩田の代表が集まり、塩の値段や塩田の操業を決める会のことです。毎年春と秋の2回、室積(光市)で総会を行いました。

出典|ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

十州同盟の関連キーワード西国路瀬戸内海瀬戸内海国立公園大年寄瀬戸内瀬戸内式気候西廻り航路入浜瀬戸内法三八替持法

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone