コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

光市 ひかり

2件 の用語解説(光市の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

光〔市〕
ひかり

山口県南東部,周防灘に臨む市。南の海上の牛島を含む。 1943年光町と室積町が合体して市制。 1955年周防村を編入。 2004年大和町と合体。第2次世界大戦前,島田川の河口に海軍工廠が設置されたことが工業化の契機となり,戦後旧工廠跡は製薬,製鉄工業の工場地に転用され,臨海地に金属,輸送機械,化学・薬品工場が進出した。周南工業地域の一角を形成。室積は古くから潮待ち港として栄え,現在は漁港。農業は米作中心にミカンイチゴメロン栽培を行なう。海岸は砂浜が続き,虹ヶ浜,室積半島は海水浴場として知られ,千坊山を含む一帯は瀬戸内海国立公園に属する。室積の峨嵋山樹林は国の天然記念物石城山 (353m) にある古代の神籠石は国の史跡に指定され,一帯は石城山県立自然公園に属する。 JR山陽本線が通り,海岸沿いを国道 188号線が通じる。面積 92.13km2。人口 5万1369(2015)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

光市の関連情報