コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十方暮れ ジッポウグレ

デジタル大辞泉の解説

じっぽう‐ぐれ〔ジツパウ‐〕【十方暮れ】

暦注の一。甲申(きのえさる)から癸巳(みずのとみ)までの10日間の称。この間は十方の気がふさがり、万事に凶とされる。
空がどんよりと曇っていて暗いこと。途方に暮れることの形容にも用いる。
「鞍坪に伝ふ涙の―、泣く泣く引かれ行く姿」〈浄・大経師

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じっぽうぐれ【十方暮れ】

大空が暗く曇っていながら雨の降らない天候。
暦で、甲申きのえさるの日から癸巳みずのとみまでの10日間。この間は十方の気がふさがり、相談事などによくないとする。 「雨降しけて居る客は跡で-も知らず/洒落本・品川楊枝」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

十方暮れの関連キーワード洒落本

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android