万事(読み)ばんじ

精選版 日本国語大辞典「万事」の解説

ばん‐じ【万事】

〘名〙
① すべてのこと。あらゆること。
※十七箇条憲法(604)「九曰。信是義本。毎事有信。其善悪成敗。要在于信。群臣共無信。万事悉敗」
※今昔(1120頃か)四「万事、人に勝れたり」 〔史記‐淳于髠伝〕
※浮世草子・椀久二世(1691)上「此夏西瓜に今当(あて)られ万事の枕なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「万事」の解説

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「万事」の解説

【万事】ばんじ

すべてのこと。〔宋史南高氏世家〕初め(ほきよく)保に在りしとき、(父)從誨、獨り鍾愛す。故に或いは怒するときは、之れを見て必ず釋然として笑ふ。人目(なづ)けて事休すと爲す。

字通「万」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android