コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十方 ジッポウ

デジタル大辞泉の解説

じっ‐ぽう〔‐パウ〕【十方】

東・西・南・北の四方、北東・南東・南西・北西の四隅と上・下の方角。
あらゆる方面。すべての所。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じっぽう【十方】

四方(東西南北)・四隅(東南・東北・西南・西北)と上下。 「 -の諸仏を礼拝する」
あらゆる場所・方角。残るくまもないところ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

十方
じっぽう

十の方角のこと。東、西、南、北の四方と、東南、西南、西北東北の四維(しゆい)、それに上、下の2方向をあわせた10方向をいう。すなわち、あらゆる方角のこと。仏教で十方三世(じっぽうさんぜ)とは過去、現在、未来にわたるあらゆる時間とあらゆる空間を意味する。大乗仏教では、われわれの住む娑婆(しゃば)世界のほかに、十方に無量の世界、すなわち十方世界があり、そこには一世界に一仏の割合で三世にわたって無数の仏が出現すると説く。これを十方三世の諸仏という。[藤井教公]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の十方の言及

【七宝文】より

…有職(ゆうそく)文の一種で,輪違(わちがい)文ともいう。上下左右に連続するさまから〈四方〉〈十方〉と呼ばれたのが,のちに仏教の十珍七宝(じつちんしつぽう)と結びつき〈七宝〉となった。この形の文様は古くから見られ,紀元前3000年ころのシュメールで黄金製指輪の装飾にも用いられている。…

※「十方」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

十方の関連キーワード什・住・充・十・従・從・戎・拾・柔・汁・渋・澁・獣・獸・絨・縦・縱・蹂・重・銃十方園金成(2代)広狭自在無礙門こんにゃく問答南無阿弥陀仏大方等大集経サームコック腰車・輿車観無量寿経十字の名号般舟三昧経吉和[村]五山・十刹十方暮れ三世十方十方世界十方浄土摂取不捨左脇明竜安藤利吉

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android