形容(読み)けいよう

精選版 日本国語大辞典「形容」の解説

けい‐よう【形容】

〘名〙
① 物事のかたちや有様。形状。
※史記抄(1477)一〇「舞を見ては其舞の形容を以て分別するぞ」
小春(1900)〈国木田独歩〉二「や山や幽邃なる森林や、其色彩形容(ケイヨウ)」 〔易経‐繋辞
② 人や動物などの容姿、容貌
※文華秀麗集(818)中・賦得長子房〈嵯峨天皇〉「形容類処女。計画撓強権
※私聚百因縁集(1257)九「律師衣裳垢穢、形容枯槁にして来相語云」
※日本読本(1887)〈新保磐次〉五「猫類の獣にて最猛きは獅子なり〈略〉面は長く、眼は却りて小さく、頭には粗き髪を乱しかけたる形容すごく恐ろし」 〔韓非子‐顕学上〕
③ (━する) 物事を他の形をかりて表現すること。たとえて表現すること。比喩。また、物事のかたち、有様をいいあらわすこと。
※三体幻雲抄(1527)「つよく人を思たる情思をよく形容し出たぞ」
※随筆・文会雑記(1782)附録「近江の湖を鳰の海と和歌によめり〈略〉東の方彦根の方は鳥の腹に似たり。昔の人はよく形容したるにこそ」
④ 文章、談話のあや。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「形容」の解説

けい‐よう【形容】

[名](スル)
物事の姿・性質・ありさまなどを言い表すこと。また、他のものにたとえて表現すること。「言葉では形容できない美しさ」
物事のかたち・ありさま。形状。
「巌や山や幽邃なる森林や、その色彩―」〈独歩・小春〉
人のすがたかたち。容姿。容貌。
「其顔色―の、衰えたると共に」〈竜渓経国美談
[類語](1たとえ比喩直喩明喩隠喩暗喩諷喩・寓喩・提喩換喩・声喩・メタファーアレゴリー擬人象徴比況縮図たとえば表現表出表白発現描出・形象化・体現具現表明筆舌表す言い表す書き表す名状する

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「形容」の解説

【形容】けいよう

すがた。容貌。宋・王禹賃宅〕詩 老形容、日日 十年賃宅して、京師に

字通「形」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android