コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

途方/十方 トホウ

デジタル大辞泉の解説

と‐ほう〔‐ハウ〕【途方/十方】

多くの方向。向かう方向。
「―を失へる敵どもを」〈太平記・一〇〉
てだて。方法。手段。
「年よって子を先だて、―があるまい」〈浄・丹波与作
すじみち。道理。
「遠慮を忘れ―なくて、言ふまじき事をも言ひ」〈鑑草・一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とほう【途方】

〔方向の意〕
てだて。方針。手段。 「年よつて子を先だて、-があるまいいとしぼや/浄瑠璃・丹波与作
道理。筋道。 「 -ヲワキマエヌ人ヂャ/日葡」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

途方/十方の関連キーワード灰吹きから蛇が出るインクレディブル途方途轍もない途方に暮れるとっけもない前後に暮れるでかばちない当て事も無い呆れ果てる天骨も無い困り果てる八方塞がり弱り果てる東西を失う途方もない頭を抱える途方を失う途轍もないうろうろ涙十方暮れ