コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

暦注 レキチュウ

4件 の用語解説(暦注の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

れき‐ちゅう【暦注】

暦本に記載される諸種の注記。天象七曜干支朔望潮汐二十四節気雑節二十八宿九星六曜をはじめ、中段の十二直、下段の吉凶の選日など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

暦注【れきちゅう】

暦本に記入される事項。一般に普及したのは伊勢暦など以後。天象・七曜・干支・朔望・潮汐・二十四節気などのほか,日の吉凶,二十八宿九星六曜,雑節などを記す。
→関連項目三隣亡

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

れきちゅう【暦注】

暦に記載されている日時,方角の吉凶禍福に関する事項をいう。そのほとんどは暦注とともに大陸から伝来したもので歴史は古い。初め暦は上層階級の専有物で,暦注もその人たちだけの利用するものであったが,やがて頒暦の普及とともに一般庶民にも深く浸透していった。平安時代以来,暦注に関することは安倍家(土御門とも称する)と賀茂家の家職であり,両家に秘伝として継承されてきたが,両家の解釈にも相違があり土御門泰邦もみずからそれを指摘し,そのようなことは本来あるべきでないといっていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

れきちゅう【暦注】

古暦で、日付など暦の本体の下に、二段に分けて記される注記事項。中段には十二直、下段にはさまざまな日の吉凶に関する事項が書かれる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

暦注の関連キーワード具注暦指図債権天一神禍福記名債券四柱推命筆頭者簿外請求目論見書虚偽記載

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

暦注の関連情報