暦注(読み)レキチュウ

世界大百科事典 第2版の解説

れきちゅう【暦注】

暦に記載されている日時,方角の吉凶禍福に関する事項をいう。そのほとんどは暦注とともに大陸から伝来したもので歴史は古い。初め暦は上層階級の専有物で,暦注もその人たちだけの利用するものであったが,やがて頒暦の普及とともに一般庶民にも深く浸透していった。平安時代以来,暦注に関することは安倍家(土御門とも称する)と賀茂家の家職であり,両家に秘伝として継承されてきたが,両家の解釈にも相違があり土御門泰邦もみずからそれを指摘し,そのようなことは本来あるべきでないといっていた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

れきちゅう【暦注】

古暦で、日付など暦の本体の下に、二段に分けて記される注記事項。中段には十二直、下段にはさまざまな日の吉凶に関する事項が書かれる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

れき‐ちゅう【暦注】

〘名〙 古暦日付の下に付した注記のこと。注記は二段に分かれ、中段には十二直を、下段には日の吉凶に関する諸事項を記すのが慣例

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

暦注の関連情報