十界大曼陀羅(読み)じっかいだいまんだら

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 日蓮宗の本尊。中央に南無妙法蓮華経と記し、文字で法華本門の会座儀式をあらわしたもので、三世如来をここに集め、十界の国土衆生すべてを具足させているところから、円輪具足の大曼陀羅という。大曼陀羅。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android