南無妙法蓮華経(読み)なむみょうほうれんげきょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

南無妙法蓮華経
なむみょうほうれんげきょう

南無は namasの音写。『妙法蓮華経』は大乗仏教の重要な経典の一つである"Saddharmapuṇḍarīkasūtra"のこと。『妙法蓮華経』に敬礼するという意。日蓮宗ではこの語を題目などといい,凡夫は「南無妙法蓮華経」と称えるだけでも救われるという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

なむ‐みょうほうれんげきょう〔‐メウホフレンゲキヤウ〕【南無妙法×蓮華経】

妙法蓮華経すなわち法華経に帰依する意。日蓮宗で、そのよりどころとする法華経の加護を祈るときに唱える語。七字の題目。お題目

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なむみょうほうれんげきょう【南無妙法蓮華経】

〔法華経に帰依する意〕
日蓮宗で、法華経を信仰し加護を求める心持ちを表して唱える語。御題目。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

南無妙法蓮華経
なむみょうほうれんげきょう

『妙法蓮華経(法華経(ほけきょう))』に帰依(きえ)(南無)するという意味で、これを「題目(だいもく)」と称して唱える。日蓮が1253年(建長5)千葉・清澄(きよすみ)山で初めて唱え、法華経信仰の指針として高く掲げる。この題目には仏のすべてが込められ、身と口と心にこれを受持することこそが成仏(じょうぶつ)の道であると説き、他の信仰をすべて否定する。日蓮が書き始めた大曼荼羅(だいまんだら)本尊には、中央に七字の題目が、点画を伸ばした特異の書風で揮毫(きごう)されている(俗にひげ題目という)。これは、題目の光明が森羅万象すべてに及び、永遠の救済が約束されることを示す。この題目を唱えるのは日蓮系の諸教団のみである。[中尾 尭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

南無妙法蓮華経の関連情報