南無妙法蓮華経(読み)なむみょうほうれんげきょう

日本大百科全書(ニッポニカ)「南無妙法蓮華経」の解説

南無妙法蓮華経
なむみょうほうれんげきょう

妙法蓮華経法華経(ほけきょう))』に帰依(きえ)(南無)するという味で、これを「題目(だいもく)」と称して唱える。日蓮が1253年(建長5)千葉・清澄(きよすみ)山で初めて唱え、法華経信仰の指針として高く掲げる。この題目には仏のすべてが込められ、身と口と心にこれを受持することこそが成仏(じょうぶつ)の道であると説き、他の信仰をすべて否定する。日蓮が書き始めた大曼荼羅(だいまんだら)本尊には、中央に七字の題目が、点画を伸ばした特異の書風で揮毫(きごう)されている(俗にひげ題目という)。これは、題目の光明が森羅万象すべてに及び、永遠の救済が約束されることを示す。この題目を唱えるのは日蓮系の諸教団のみである。

[中尾 

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「南無妙法蓮華経」の解説

なむ‐みょうほうれんげきょう〔‐メウホフレンゲキヤウ〕【南無妙法×蓮華経】

妙法蓮華経すなわち法華経に帰依する意。日蓮宗で、そのよりどころとする法華経の加護を祈るときに唱える語。七字の題目。お題目

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「南無妙法蓮華経」の解説

なむ‐みょうほうれんげきょう ‥メウホフレンゲキャウ【南無妙法蓮華経】

連語〙 仏語。「妙法蓮華経(法華経)」を絶対の真理として、これに帰依し、その加護を求めて唱えることば。南無妙法。
※日蓮遺文‐撰時抄(1275)「法華経の肝心たる南無妙法蓮華経」
※浄瑠璃・心中重井筒(1707)中「互に合掌心を鎮め今身(こんじん)より仏身に至るまでよくたもち奉る。なむめうほうれんげきゃう」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「南無妙法蓮華経」の解説

南無妙法蓮華経
なむみょうほうれんげきょう

南無は namasの音写。『妙法蓮華経』は大乗仏教の重要な経典の一つである"Saddharmapuṇḍarīkasūtra"のこと。『妙法蓮華経』に敬礼するという意。日蓮宗ではこの語を題目などといい,凡夫は「南無妙法蓮華経」と称えるだけでも救われるという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android