十界(読み)じっかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

迷いと悟りの世界を 10種の領域分けたもの。すなわち,地獄界餓鬼界,畜生界,阿修羅界,人間界,天上界という6種の迷いの世界と,声聞界縁覚界,菩薩界,仏界という4種の悟りの世界との総称天台宗で説かれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

仏語。悟りと迷いの視点から10種の境界を分けたもの。悟界は仏界・菩薩(ぼさつ)界・縁覚(えんがく)界・声聞(しょうもん)界、迷界は天上界・人間界・修羅界・畜生界・餓鬼界・地獄界。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

仏教の世界観の一つ。精神的な生き方を,迷いより悟りへの10層に分け,最下の地獄より餓鬼,畜生,修羅,人間,天上,声聞,縁覚,菩薩,仏へと上昇するもの。はじめの六つが凡夫,後の四つが聖者の世界で,凡夫はそれらの六つを輪廻転生するから,六道,または六趣とよぶ。また最後の界以外は,なお迷いを免れないから,十界にそれぞれ十界の権実があるとして,十界互具を説くことがあり,天台の一念三千説の根拠となる。十界修行柳田 聖山】
十界図
 仏教の基本命題は六道輪廻の世界から抜け出すことで,その人に応じてさまざまの修行のしかたがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

仏教の術語。迷いと悟りの生類の生存や境地を10種類として、中国天台宗の祖智顗(ちぎ)が教義としてまとめた。十法界(じっぽうかい)ともいう。迷いの生存は地獄(じごく)界、餓鬼(がき)界、畜生(ちくしょう)界、阿修羅(あしゅら)界、人間界、天上界の6種で、ここの生存はその行為の業(ごう)によってそれぞれの世界に転生するので六道輪廻(ろくどうりんね)という。悟りの境界は声聞(しょうもん)界、縁覚(えんがく)(独覚(どくかく))界、菩薩(ぼさつ)界、仏界の四界で、あわせて六凡四聖(ろくぼんししょう)ともいう。これらの世界や境地はインドの仏典ですでに説かれているが、天台智顗は、すべての生存を十界で代表させ、仏界以外は迷いと苦しみの世界や不完全の悟りであるが、十界おのおのが互いに他の九界を含み具備しているから、十界の生存であるすべての衆生(しゅじょう)は一切成仏(いっさいじょうぶつ)すると説く。これを十界互具(ごぐ)といい、あわせて百界とし、一瞬間の心のうちに三千の世界が具しているという天台一念三千(いちねんさんぜん)説の基となる。それは仏にも本性として悪は存するが悪は行われず、地獄にも仏性はあるが、悪の行為のみで、仏性は発現しないことを根拠とする。

[塩入良道]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 仏語。迷いと悟りの両界を一〇に分けたもの。迷界での地獄界・餓鬼界・畜生界・修羅界・人間界・天上界と、悟界における声聞界・縁覚界・菩薩界・仏界の称。
※本朝文粋(1060頃)一三・供養浄妙寺寺塔願文〈大江匡衡〉「所修功徳、廻向十界

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android