コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十界 じっかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

十界
じっかい

迷いと悟り世界を 10種の領域に分けたもの。すなわち,地獄界,餓鬼界,畜生界,阿修羅界人間界天上界という6種の迷いの世界と,声聞界縁覚界,菩薩界,仏界という4種の悟りの世界との総称天台宗で説かれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

じっ‐かい【十界】

仏語。悟りと迷いの視点から10種の境界を分けたもの。悟界は仏界・菩薩(ぼさつ)界・縁覚(えんがく)界・声聞(しょうもん)界、迷界は天上界・人間界・修羅界・畜生界・餓鬼界・地獄界。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

じっかい【十界】

仏教の世界観の一つ。精神的な生き方を,迷いより悟りへの10層に分け,最下の地獄より餓鬼,畜生,修羅,人間,天上,声聞,縁覚,菩薩,仏へと上昇するもの。はじめの六つ凡夫,後の四つ聖者の世界で,凡夫はそれらの六つを輪廻転生するから,六道,または六趣とよぶ。また最後の仏界以外は,なお迷いを免れないから,十界にそれぞれ十界の権実があるとして,十界互具を説くことがあり,天台の一念三千説の根拠となる。十界修行【柳田 聖山】
十界図
 仏教の基本命題は六道輪廻の世界から抜け出すことで,その人に応じてさまざまの修行のしかたがある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

じっかい【十界】

〘仏〙 全世界を構成している一〇の世界。仏界・菩薩界・縁覚えんがく界・声聞しようもん界・天上界・人間界・修羅界・畜生界・餓鬼界・地獄界。初めの四つは聖者の世界で四聖といい、あとの六つは迷いをもつ凡夫の世界で六凡という。十の界。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

十界
じっかい

仏教の術語。迷いと悟りの生類の生存や境地を10種類として、中国天台宗の祖智(ちぎ)が教義としてまとめた。十法界(じっぽうかい)ともいう。迷いの生存は地獄(じごく)界、餓鬼(がき)界、畜生(ちくしょう)界、阿修羅(あしゅら)界、人間界、天上界の6種で、ここの生存はその行為の業(ごう)によってそれぞれの世界に転生するので六道輪廻(ろくどうりんね)という。悟りの境界は声聞(しょうもん)界、縁覚(えんがく)(独覚(どくかく))界、菩薩(ぼさつ)界、仏界の四界で、あわせて六凡四聖(ろくぼんししょう)ともいう。これらの世界や境地はインドの仏典ですでに説かれているが、天台智は、すべての生存を十界で代表させ、仏界以外は迷いと苦しみの世界や不完全の悟りであるが、十界おのおのが互いに他の九界を含み具備しているから、十界の生存であるすべての衆生(しゅじょう)は一切成仏(いっさいじょうぶつ)すると説く。これを十界互具(ごぐ)といい、あわせて百界とし、一瞬間の心のうちに三千の世界が具しているという天台一念三千(いちねんさんぜん)説の基となる。それは仏にも本性として悪は存するが悪は行われず、地獄にも仏性はあるが、悪の行為のみで、仏性は発現しないことを根拠とする。[塩入良道]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

十界の関連キーワード柏崎権兵衛(初代)本興寺(静岡県)十界大曼荼羅身延山久遠寺本門の本尊観心本尊抄小湊誕生寺浄土教美術千箇寺参り十界曼荼羅地獄変相妙法華寺創価学会鳥屋・塒因果居士本成寺妙法寺地獄図六道絵かてて

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

十界の関連情報