コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本尊 ほんぞん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

本尊
ほんぞん

寺院や仏堂で本師,本として礼拝対象となる仏像のこと。また薬師三尊釈迦三尊など,脇侍菩薩眷属を従えた場合には,中尊を本尊と呼ぶ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ほ‐ぞん【本尊】

ほんぞん(本尊)」に同じ。
「この誓願寺の御―は」〈仮・竹斎・上〉

ほん‐ぞん【本尊】

寺院などで、礼拝の対象として安置される、最も主要な菩薩(ぼさつ)像。画像・曼荼羅(まんだら)名号などのこともある。
身辺に常に持ち、その守護を祈る小形の仏・菩薩像。守り本尊。
(多く「御本尊」の形で)その話題や事件の中心になる人。当人。本人。からかいの気持ちをこめていう。「当の御本尊だけ話題の外だ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ほんぞん【本尊】

一般に,礼拝の対象として安置する重要な尊像の意。すなわち,本堂などに修行や礼拝の対象として安置する仏,菩薩像,画像などをいう。一堂宇のなかにあるいくつかの尊像のうち主たるもの,また脇侍や眷属と区別して中尊を意味することもある。本尊の語は《大日経》説本尊三昧品・世間成就品・秘密八印品,《大悲空智経》大相応輪品・俱生義品などにみられる。古来,それぞれの寺院が創建される趣旨や願主信仰によって,それぞれの仏像が本尊として安置された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ほんぞん【本尊】

一寺一堂の信仰の中心としてまつられている、仏・菩薩の像や曼荼羅まんだらなど。
その事柄について中心となる人物。肝腎かんじんの人物。当人。本人。 「御-はそっちのけで、まわりの者だけがやいのやいの言う」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

本尊
ほんぞん

寺院や仏堂において供養・信仰の対象となる主尊たる仏・菩薩(ぼさつ)像のこと。本仏、本師ともいい、釈迦(しゃか)三尊像のように脇侍(きょうじ)や眷属(けんぞく)を従えた場合には、中尊ともよばれる。本尊は寺院創立の由来や施主の信仰などによって異なる。また各宗派によってそれぞれ一定の本尊があり、たとえば密教では大日如来(だいにちにょらい)、浄土教では阿弥陀仏(あみだぶつ)または弥陀三尊、日蓮(にちれん)宗では日蓮の描いた十界勧請大曼荼羅(じっかいかんじょうだいまんだら)などを本尊としている。[松本史朗]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の本尊の言及

【仏像】より

…グプタ朝の北インド征服が完成したチャンドラグプタ2世(在位376ころ‐414ころ)の治世に,一時停滞していた北インドの造形活動はふたたび活況を取り戻し,やがて洗練された技法により均整のとれた崇高な美しさをそなえた仏像を生み出すようになった。ストゥーパに従属していた仏像が,本尊としての地位を獲得するようになったのもこの時代である。グプタ様式の造像は帝国の領域内のみならず,同盟関係にあったバーカータカ朝治下のアジャンターなどデカン北部にも及んだが,その中心はマトゥラーとサールナートで前者は5世紀前期から中期に,後者は5世紀末期に最盛期を迎えた。…

※「本尊」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

本尊の関連キーワード鳥追観音如法寺村松山虚空蔵堂吉祥院千手堂吉祥天女法柴又帝釈天観心本尊抄築地本願寺小湊誕生寺總持寺祖院金剛童子法随意念誦脇士菩薩御身拭い聖観音法新大仏寺観音懺法守り本尊三大秘法洞雲寺天融寺

本尊の関連情報