千も万もいらぬ(読み)センモマンモイラヌ

デジタル大辞泉の解説

千(せん)も万(まん)もいらぬ

あれやこれやと言うには及ばない。千も万もは無用。
「さあ―、あの縄解いて主(ぬし)返しや」〈浄・兜軍記

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

せん【千】 も 万(まん)もいらぬ

(千言も万言も費やすには及ばないの意から) かれこれ言うには及ばない。千も万もない。千も万も論は無用。問答無用。
※俳諧・一本草(1669)二「千も万もいらじ一木の花ざかり〈忠利〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる