コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

問答 モンドウ

デジタル大辞泉の解説

もん‐どう〔‐ダフ〕【問答】

[名](スル)
問うことと答えること。質問と応答。また、議論すること。「人生について問答する」「問答をかわす」
仏語。教義についての論議や宗派間の法論。また、禅宗で、修行者が仏法についての疑問を問い、師家(しけ)がこれに答えること。禅の代表的な修行法の一。「禅問答

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

もんどう【問答】

討論的な応答をいう。日本の芸能の中には,早くから問答体による一種の劇が成立していたらしく,《玉葉》治承2年(1178)11月2日条には,春日祭に赴いた勅使の一行に加わる舞人が,奈良坂において検非違使(けびいし)に扮し,風刺をともなう問責劇を演じたことが見える。延年(えんねん)や猿楽能にも,一曲の見せ場を導くために問答を設定する場合がある。延年の大風流(おおふりゆう)では,問答によって走物(はしりもの)などの風流衆を導き,舞楽で納め,連事(れんじ)では白拍子(しらびようし)などの歌謡を導く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

もんどう【問答】

( 名 ) スル
問うことと答えること。議論しあうこと。 「 -を交わす」 「君と-している暇はない」
〘仏〙
禅宗で、弟子が質問し、師が答えること。門弟教育の重要な手段とされる。
論議や宗派の論争。 「蒟蒻こんにやく-」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の問答の言及

【論義】より

…議論すること。とくに仏教において問答によって経論の要義を究明する方式をいう。インドの仏典に論式の規定が見え,中国では東晋の支遁が《維摩(ゆいま)経》を講じた際に論義の方式に依って以来,諸寺の講会において広く行われた。…

※「問答」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

問答の関連キーワードウェストミンスター教理問答ハイデルベルク教理問答ジュネーブ教理問答林屋正蔵(2世)ダイアローグカテキズム貧窮問答歌ささめごと問答無用冷泉為村信仰問答都鄙問答吾妻問答筆問筆答夢中問答もんだう教理問答公教要理搗屋無間蒟蒻問答

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

問答の関連情報