問答(読み)もんどう

精選版 日本国語大辞典「問答」の解説

もん‐どう ‥ダフ【問答】

〘名〙
① 問うこととえること。問と答。また、言いあうこと。議論しあうこと。
万葉(8C後)四・六六七・左注「聊作戯歌以為問答也」
※義経記(室町中か)五「御辺達はこれにて敵のもんだうをせよ」
② 仏語。
(イ) 法義の意味などを論じあうこと。特に、禅宗では、修行者が疑問を師家に問い、師家がこれに解答すること。問酬(もんしゅう)ともいう。
※古事談(1212‐15頃)三「住果の縁覚仏所へは至哉と被問答有けるを、上人聞給て」
(ロ) 宗論や論議などのこと。大原問答・安土宗論などの類。
③ 指導を受けること。疑問点などを問いただして教示を受けること。
※為兼和歌抄(1285‐87頃)「稽古に力入る人も、才学を好み、義を案じもちてばかり問答をする時」
中世の民事裁判で、訴人(原告)と論人(被告)が、裁判所を通じそれぞれ訴状と陳状(答弁書)を交換しあい、主張を行なうこと。三回まで行なうことができ、これを三問三答(三問答)という。また、この三問三答で決着のつかないときに、訴論人を引付の座(法廷)に呼び出して尋問すること(引付問答)をもいう。また広く訴訟一般をさしてもいう。問注。問陳。
※沙汰未練書(14C初)「問答之後、訴論人共有所存者重遂問答、是を覆問と云」
⑤ 江戸時代、大名・旗本などからの、幕府奉行所への裁判や民政についての問い合わせと、これに対する奉行所の答(挨拶)のこと。
※万葉(8C後)一〇・一八四二・左注「右二首問答」
[補注]中世には、四段に活用させた動詞「もんだふ」が見られる。→もんだう(問答)

もん‐だ・う ‥ダふ【問答】

〘他ハ四〙 (「もんどう(問答)」の動詞化) 問答する。論ずる。
※三道(1423)「此問答に、又老人夫婦など、事の謂はれを問答いて、云開く事あり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「問答」の解説

もん‐どう〔‐ダフ〕【問答】

[名](スル)
問うことと答えること。質問と応答。また、議論すること。「人生について問答する」「問答をかわす」
仏語。教義についての論議や宗派間の法論。また、禅宗で、修行者が仏法についての疑問を問い、師家しけがこれに答えること。禅の代表的な修行法の一。「禅問答
[類語]質疑問い質問発問設問諮問問題疑問押し問答水掛け論禅問答一問一答自問自答質疑応答聞く問う尋ねるはかただ問い質す聞き質す問い合わせる聞き合わせる借問しゃもん試問下問問い返す聞き返す聞き直す尋ね合わせる照会打診

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「問答」の解説

もんどう【問答】

討論的な応答をいう。日本の芸能の中には,早くから問答体による一種が成立していたらしく,《玉葉》治承2年(1178)11月2日条には,春日祭に赴いた勅使一行に加わる舞人が,奈良坂において検非違使(けびいし)に扮し,風刺をともなう問責劇を演じたことが見える。延年(えんねん)や猿楽能にも,一曲の見せ場を導くために問答を設定する場合がある。延年の大風流(おおふりゆう)では,問答によって走物(はしりもの)などの風流を導き,舞楽で納め,連事(れんじ)では白拍子(しらびようし)などの歌謡を導く。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の問答の言及

【論義】より

…議論すること。とくに仏教において問答によって経論の要義を究明する方式をいう。インドの仏典に論式の規定が見え,中国では東晋の支遁が《維摩(ゆいま)経》を講じた際に論義の方式に依って以来,諸寺の講会において広く行われた。…

※「問答」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android