コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

壇浦兜軍記 だんのうらかぶとぐんき

5件 の用語解説(壇浦兜軍記の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

壇浦兜軍記
だんのうらかぶとぐんき

浄瑠璃。時代物。5段。文耕堂長谷川千四作。享保 17 (1732) 年大坂竹本座初演。中世の舞曲,謡曲や『出世景清』をはじめとする浄瑠璃などで舞台化された,平家の残党景清の悲劇を扱う景清物浄瑠璃の実質的に最後の作。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

だんのうらかぶとぐんき【壇浦兜軍記】

浄瑠璃。時代物。五段。文耕堂長谷川千四合作。享保17年(1732)大坂竹本座初演。近松門左衛門の「出世景清」の改作。三段目口(くち)の「阿古屋(あこや)の琴責(ことぜめ)」のくだりが有名。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

だんのうらかぶとぐんき【壇浦兜軍記】

(1)人形浄瑠璃狂言。時代物。1732年(享保17)9月大坂竹本座初演。文耕堂,長谷川千四合作。近松門左衛門の《出世景清》を素材として,平家滅亡後,鎌倉の源氏方に追われる平家の侍大将悪七兵衛景清と,その愛人五条坂の遊女阿古屋の物語を描いたもの。全5段。そのうち今でも人形浄瑠璃に上演されるものは,三段目の口〈堀川問注所の場〉。通称《阿古屋琴責》。景清の行方を追う秩父庄司重忠岩永左衛門は,阿古屋を訊問するが,阿古屋は白状しない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

だんのうらかぶとぐんき【壇浦兜軍記】

人形浄瑠璃。時代物。文耕堂・長谷川千四作。1732年初演。近松門左衛門作「出世景清」の改作。現在は三段目の阿古屋の「琴責め」の段が上演される。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

壇浦兜軍記
だんのうらかぶとぐんき

浄瑠璃義太夫節(じょうるりぎだゆうぶし)。時代物。五段。文耕堂(ぶんこうどう)・長谷川千四(はせがわせんし)合作。1732年(享保17)9月、大坂・竹本座初演。近松門左衛門作の『出世景清(しゅっせかげきよ)』を基に、平家の侍大将悪七兵衛(あくしちびょうえ)景清が主家滅亡後、源氏への報復を企てる話に、愛人五条坂の遊女阿古屋(あこや)との情話を絡ませた作だが、三段目口(くち)の「堀川問注所」だけが後世に残り、人形浄瑠璃でも歌舞伎(かぶき)でもしばしば上演される。通称「阿古屋の琴責め」または「阿古屋」。景清の行方を探す鎌倉方の岩永左衛門(いわながさえもん)は、阿古屋を捕らえ拷問しようとするが、畠山重忠(はたけやましげただ)は阿古屋が愛人のありかを知っているかどうかを探るため、琴・三味線・胡弓(こきゅう)の三曲を弾かせ、その音色にすこしも乱れのないことから彼女の無実を知り釈放させる。阿古屋の三曲の演奏が眼目で、人形浄瑠璃では三味線と人形遣いの技巧の見せどころ。歌舞伎では阿古屋に扮(ふん)する女方(おんながた)のたしなみが発揮される演目で、現代では6世中村歌右衛門(うたえもん)の当り役である。重忠と岩永は白塗りと赤っ面(つら)という対照的な役の典型で、ことに岩永は「人形振り」で滑稽(こっけい)な演技をみせるのが型になっている。[松井俊諭]
『横山正校注・訳『日本古典文学全集45 浄瑠璃集』(1971・小学館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の壇浦兜軍記の言及

【阿古屋】より

…近松門左衛門作《出世景清》,文耕堂・長谷川千四合作《壇浦兜軍記》などに登場する清水坂の遊女で,景清の愛人。幸若・古浄瑠璃《景清》では〈あこ王〉とある。…

【文耕堂】より

…その後は再び竹本座で著作を続け,24曲ほどを書いた。初期は長谷川千四との合作が多く,30年の《三浦大助紅梅靮》,同じく《須磨都源平躑躅(すまのみやこげんぺいつつじ)》,31年9月の《鬼一法眼三略巻(きいちほうげんさんりやくのまき)》,32年9月の《壇浦兜軍記(だんのうらかぶとぐんき)》などがあり,現在も人形浄瑠璃,歌舞伎ともに上演されることが多い。ほかに,三好松洛との合作として36年(元文1)5月の《敵討襤褸錦(かたきうちつづれのにしき)》,37年1月の《御所桜堀川夜討(ごしよざくらほりかわようち)》,38年1月の《行平磯馴松(ゆきひらそなれまつ)》がある。…

※「壇浦兜軍記」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

壇浦兜軍記の関連キーワード間の狂言操り浄瑠璃浄瑠璃狂言浄瑠璃座浄瑠璃芝居立狂言内海繁太郎景清(人形浄瑠璃)《廿四孝》(人形浄瑠璃)文七(人形浄瑠璃)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone