コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千年王国説 センネンオウコクセツ

デジタル大辞泉の解説

せんねんおうこく‐せつ〔センネンワウコク‐〕【千年王国説】

近い将来キリスト地上に再臨し、よみがえった聖徒とともに千年王国が実現し、その後、終末審判が行われるという信仰ユダヤ教メシア待望の中から生まれ、初代キリスト教会に伝えられた。至福千年説千福年説千年説

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せんねんおうこくせつ【千年王国説】

神によって悪魔サタンが捕らえられている一千年間に、再臨したキリストがまずよみがえった義人とともに地上に平和王国を創設し、それを支配する、その間一般の罪人も復活するが、その千年の至福の期間の終わりに最後の審判が行われるとする教説。千福年説。至福千年説。 → 終末論

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の千年王国説の言及

【千年王国】より

…転じて正義と平和が支配する理想的世界やユートピア,黄金時代を指して用いられることもある。この現世における至福の王国の到来に対する待望は,千年王国説あるいは至福千年説millenarianism,chiliasmとして教説化され,さらには具体的な運動として発現した。西欧語は千を意味するラテン語のmille,もしくはギリシア語のchiliasにもとづく。…

※「千年王国説」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

千年王国説の関連キーワードミュンツァーコメニウス中田重治終末論教説

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android