コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千年王国 センネンオウコク

デジタル大辞泉の解説

せんねん‐おうこく〔‐ワウコク〕【千年王国】

キリスト教で、再臨したキリストが一千年間統治する理想・至福の王国。→千年王国説

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

千年王国【せんねんおうこく】

millenniumの訳。本来《ヨハネの黙示録》にあらわれる,キリストが再臨後,最後の審判前までの1000年間治めるという地上の王国をさす。その期間を〈至福千年〉ともいい,教説を千年王国説(至福千年説millenarianismという。
→関連項目第三帝国

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せんねんおうこく【千年王国】

キリスト教世界において,終末にあたってキリストが再臨し,1000年間統治すると信じられた王国のこと。転じて正義と平和が支配する理想的世界やユートピア,黄金時代を指して用いられることもある。この現世における至福の王国の到来に対する待望は,千年王国説あるいは至福千年説millenarianism,chiliasmとして教説化され,さらには具体的な運動として発現した。西欧語は千を意味するラテン語のmille,もしくはギリシア語のchiliasにもとづく。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

せんねんおうこく【千年王国】

キリストが再臨して一千年間支配するという王国。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

千年王国
せんねんおうこく
millenniummillenarianismchiliasm

千福年、至福(しふく)千年ともいう。キリスト教の終末論の一形態で、「ヨハネ黙示録」20章の字句どおりの解釈に基づく。それによると、最後の審判の前に、キリストが再臨して地上に王国を打ち立てる。この王国は1000年続き、このとき、殉教者や義(ただ)しいキリスト教徒は復活して(第一の復活)、1000年間の至福を味わう。この間悪魔は鎖につながれているが、王国の終わりにあたりふたたび活動を許され、激しい闘いののち、最後の審判において決定的に敗れる。そこで罪人たちもよみがえり(第二の復活)、審判を経て火の池に投げ入れられる(第二の死)。一方、義しい人々は天国(神の国)の永遠の至福のなかに入り、終末は完成する。
 こうした思想の萌芽(ほうが)はすでに『旧約聖書』の預言書にもみられ、さらにキリストの再臨の前に、アンチ(反)キリストの地上支配を説くシビラの預言書(4世紀)などの思想も組み入れて、漸次定式化されていった。正統教会はこうした終末観を異端視してきたが、終末の到来を待望する心情にも支えられて、中世を通じ千年王国思想は受け継がれ、とくに11世紀のヨアキム・ダ・フィオーレの思想は後世に大きな影響を与えた。
 宗教改革期にはトマス・ミュンツァーら再洗礼派にこの思想が顕著で、現代ではアメリカのウィリアム・ミラー(1782―1849)に始まるアドベンティスト派(再臨(さいりん)派)やエホバの証人(ものみの塔)などは、千年王国思想を教義の中心に置いている。またメラネシアのカーゴ・カルト、中国の太平天国の乱なども、この思想を受け継いだものである。[鶴岡賀雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の千年王国の言及

【ニレンダ】より

…ニヤサランド(現,マラウィ)に生まれ,1920年代に北ローデシア(現,ザンビア)へ移り,鉱山労働者として働くうちにウォッチタワー運動と出会い,洗礼を受けて伝道生活に入ったが,25年初めころにはキタワラ運動の創始者となった。キタワラ運動は,ベルギー領コンゴ(現,コンゴ民主共和国)でのキンバンギズム運動(キンバング)と同様に千年王国思想を有し,白人の権威を否定するとともに,きたるべき最後の審判によって黒人は白人支配(したがって植民地主義の支配)の政治的・経済的苦境を脱することができるという教えを説き広め,多数の信者を集めた。北ローデシア植民地政府はただちに彼を逮捕したが,まもなく釈放されると彼は自らムワナ・レサ(神の子)と称し,中部州を中心により多くの信者,支持者を得た。…

【ミュンスター再洗礼派王国】より

…他方,ネーデルラントで迫害されていたメルヒオル派再洗礼派はミュンスターを新エルサレムとみなし大挙流入してきた。かくして新旧諸侯軍の包囲下,再洗礼派千年王国が樹立される。稠密な時間空間の中に成り立ち,ユダヤ・キリスト教の黙示録的千年王国思想を指導理念としたために,それは,古今東西の千年王国運動のなかで最も典型的に開花したものということができる。…

※「千年王国」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

千年王国の関連キーワードミュンスター再洗礼派王国ファンダメンタリズムヨアキムデフローリス神の国(キリスト教)ピーター ワースレイミュンスターの暴徒ゴースト・ダンスコロルム講の反乱カーゴ・カルトゴーストダンストゥピナンバミュンツァー土着主義運動田村 秀夫コメニウスモンタヌスチレンブエ鈴木 中正ワースレイキリスト教

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

千年王国の関連情報