千手院物(読み)センジュインモノ

デジタル大辞泉の解説

せんじゅいん‐もの〔センジユヰン‐〕【千手院物】

大和の刀工の一派、千手院派が鍛えた刀。反りが高く、鎬(しのぎ)の広いことが特徴。千手院。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せんじゅいんもの【千手院物】

大和の刀匠千手院一派の造った刀。反りが高く鎬しのぎの広いのが特徴。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

リベルランド自由共和国

ヨーロッパ南東部のセルビアとクロアチアの国境に位置する、国土7平方キロメートルのミクロ国家。個人と経済の自由を信条として、チェコの経済学者ビト・イェドリチカを中心に2015年より建国が進められてきた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android