コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千把・千歯 せんば

大辞林 第三版の解説

せんば【千把・千歯】

稲や麦の穂をこくための農具。鉄片を櫛の歯のように並べ、それへ稲穂をひっかけて、籾もみをしごき落とす。元禄年間(1688~1704)に考案された。後家倒し。千把稲扱いなこき。千把扱き。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

千把・千歯の関連キーワード後家倒し千把扱き収穫祭鉄片

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android