コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ばし バシ

4件 の用語解説(ばしの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ばし[形動]

[形動ナリ]軽薄で落ち着きのないさま。
「―なることを好みもてあそび」〈仮・可笑記・一〉

ばし[副助]

[副助]《係助詞「は」に副助詞「し」の付いた「はし」の音変化とも》名詞・格助詞・接続助詞「て」などに付く。疑問・推量・仮定条件・禁止・命令などの表現を伴い、上の事柄を取り立てて強調する意を表す。…なんか。…でも。
「これ―出だし参らすな」〈平家・六〉
「必ず草葉の陰でも、それがしを恨みと―思ふてくれな」〈虎寛狂・靫猿〉
[補説]中世から近世へかけ多く会話文に使われた。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ばし

( 形動ナリ )
軽薄であるさま。派手であるさま。 「 -なる事を好みもてあそび/仮名草子・可笑記」

ばし

( 副助 )
〔係助詞「は」に副助詞「し」の付いた「はし」の転〕
体言またはそれに格助詞の付いたもの、および動詞の連用形またはそれに接続助詞「て」の付いたものなどに接続する。上の語や語句をとりあげて強調する意を表す。…でも。疑問・推量・禁止・命令・仮定などの文中に用いられることが多い。 「是-、出しまゐらすな/平家 6」 「この理ことわりなんどに-ひきかけられ候やらん/歎異抄」 「まして市の地蔵は思ひ-寄らせ給ひ候ふな/沙石 7」 「其の日やがて追うて-寄せたらば、義貞爰ここにて討たれ給ふべかりしを/太平記 10」 「今日よりはうちへ来うと-思はしますな/狂言・花子」 〔中世を中心に盛んに用いられた語で、近世前半にもなお用いられた。現在は九州方言などに一部用いられているのみ〕

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ばしの関連情報