扱箸(読み)こきはし

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

扱箸
こきはし

稲の脱穀用農具。麦や豆類の脱穀にも使った。これには形態、使用法から2種がある。一つは箸状の扱箸で、長さ45~60センチメートルくらいの2本の竹棒、あるいは1本の竹棒を二つに割ったもので、一端を結んで地上に立てて持ち、竹の間に稲穂を挟んで引き扱(こ)く。『会津農書』(1684)には「竹こき」とあり、『農業全書』(1697)には使用図がある。麦や豆類の脱穀に使われるのはこの形のものである。もう一つは短管状の扱箸で、長さ5、6センチメートルくらいの細竹(篠竹(しのだけ)など)2本に藁(わら)を差し込み、折り合わせて手のひらにのせ、親指と人差し指(または中指)で固定して持ち、その間に稲穂を挟んで扱く。これには鉄製のものもあった。扱箸は江戸時代前期に千歯扱(せんばこき)が出現し、しだいにこれに変わっていったが、明治初期までは使われたようである。

[小川直之]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

こい‐ばし【扱箸】

〘名〙 (「こきばし」の変化した語) 稲穂から籾(もみ)を落とす農具。本来は生えたままの稲穂をはさみ、籾だけをしごき落とす竹製用具であったが、のちには鉄製櫛形の千歯(せんば)をも同名で呼び、麦用の竹製のものをも含める。

こき‐ばし【扱箸】

〘名〙 篠竹二本、または割り竹の一端をくくり、その合わせ目に稲穂をはさんでこきおとす原始的な脱穀の道具。扱竹(こきだけ)。稲扱箸(いねこばし)。〔俳諧・本朝文選(1706)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社日本史事典 三訂版の解説

扱箸
こきばし

江戸前期に使用された脱穀
丸竹2本または割竹一端をくくって,その間に稲穂をはさんでこいだ。竹製,のちに鉄製もある。千歯扱の出現で中期以降消滅した。収穫・脱穀後,扱箸を床の間に供える風習が残ったところもある。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典内の扱箸の言及

【千歯扱き】より

…千歯扱き以前には,2本の木やタケの棒を片手にもって穂をはさんで,しごくようにして脱穀していた。これを扱箸(こきばし)という。日本のイネはジャポニカ種が中心で脱粒難であるため,インディカ種のような打つ方法ではなく,扱く方法が適している。…

【脱穀】より

…その後,根刈りとなり脱穀法も変わってきたが,その詳細は不明である。江戸時代には竹製の扱箸(こきはし),稲管が道具として用いられていた。扱箸は,30~45cmの2本の竹棒の一端を結び合わせて地面に立て,2本の間に穂首を挟んで引いて脱穀するもので,稲管は6cmくらいの細い竹管2本を同様に結び,手に持って穂を扱き落とすものである。…

※「扱箸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android