千本ノック(読み)センボンノック

デジタル大辞泉「千本ノック」の解説

せんぼん‐ノック【千本ノック】

野球の守備練習の一つ。打たれたボール捕球送球を、繰り返しひたすら続けるもの。
(比喩的に)同じ、または似た作業を延々と続けること。また、同じことを何度も繰り返すこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる