コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千歳緑 ちとせみどり

1件 の用語解説(千歳緑の意味・用語解説を検索)

色名がわかる辞典の解説

ちとせみどり【千歳緑】

色名の一つ。「せんざいりょく」とも読む。JISの色彩規格では「暗いみの」としている。一般に、マツ科常緑針葉高木の総称であるマツの葉のような深い緑色のこと。千歳とは千年という意味で長寿にちなんだ名称といえる。指し示す対象は「松葉色」と同じだが、JISの色彩規格では松葉色よりも濃い緑色としている。江戸時代になると茶色系統が流行色の一つになり、緑がかった茶色の千歳茶せんざいちゃが登場した。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

千歳緑の関連キーワード内力防振材料怪力乱神原材料仙斎茶潜勢力注意力鉄媒染剤散位寮続千載集

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone