コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松葉色 まつばいろ

色名がわかる辞典の解説

まつばいろ【松葉色】

色名の一つ。JISの色彩規格では「くすんだ黄緑」としている。一般に、マツ科常緑針葉高木の総称であるマツの葉のような深い色のこと。マツは正月の松飾りに用いられるように縁起のよい植物とされ、常に緑を絶やさない長寿のイメージから同系の色が多く登場している。松葉色に近い深緑は、8世紀に施行された養老令の規定によると、朝廷への出仕に着用する朝服ちょうふくの六位の色とされる。ほかに、千年という意味の長寿にちなんだ千歳緑ちとせみどり、永久に変わらない「とこいは」にちなんだ常磐ときわなどが松葉色に近い。また、年輪を重ねて高齢となった老松をイメージした老緑おいみどりはややみがかった深緑。いずれも江戸時代ごろから多くの人々に好まれてきた。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

松葉色の関連キーワード常磐色松葉松紙

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android