コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松葉色 まつばいろ

色名がわかる辞典の解説

まつばいろ【松葉色】

色名の一つ。JISの色彩規格では「くすんだ黄緑」としている。一般に、マツ科常緑針葉高木の総称であるマツの葉のような深い色のこと。マツは正月の松飾りに用いられるように縁起のよい植物とされ、常に緑を絶やさない長寿のイメージから同系の色が多く登場している。松葉色に近い深緑は、8世紀に施行された養老令の規定によると、朝廷への出仕に着用する朝服ちょうふくの六位の色とされる。ほかに、千年という意味の長寿にちなんだ千歳緑ちとせみどり、永久に変わらない「とこいは」にちなんだ常磐ときわなどが松葉色に近い。また、年輪を重ねて高齢となった老松をイメージした老緑おいみどりはややみがかった深緑。いずれも江戸時代ごろから多くの人々に好まれてきた。

出典|講談社色名がわかる辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

まつば‐いろ【松葉色】

深緑色。ふかみどり。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

まつばいろ【松葉色】

松の葉のような暗い黄緑色。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

松葉色の関連キーワード常磐色松葉松紙

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

松葉色の関連情報