コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千鳥の木 チドリノキ

デジタル大辞泉の解説

ちどり‐の‐き【千鳥の木】

カエデ科の落葉小高木。山地自生。葉は長楕円形で先が細くとがる。雌雄異株。4月ごろ開花し、翼をもつ実を結ぶ。やましばかえで

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちどりのき【千鳥の木】

カエデ科の落葉高木。山中に自生。葉は対生し、狭倒卵形で先がとがり重鋸歯がある。雌雄異株。翼果の翼は鈍角に開く。ヤマシバカエデ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

千鳥の木の関連キーワードヤマシバカエデカエデ科倒卵形鈍角山中

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android